江戸間・58間サイズで品質の違う他の上敷です
江戸間 五八間 3畳 ランク6
江戸間 五八間 3畳 ランク7
江戸間 五八間 3畳 ランク8
江戸間 五八間 3畳 ランク9
特売品 江戸間 ランク7
自由に切れる上敷き 江戸間 ランク7



和室や寝室などの模様替え、これから始める一人暮らしの部屋など畳の上に敷くだけでフレッシュな気持ちにしてくれる上敷き。 自然素材を生かした春夏秋冬使える和風の茣蓙は、昔から日本で使われてきたエコな敷物です。
江戸間・五八間・三六間・本間・京間・中京間などその地域によって異なる呼び名がありますが、特注・別注でオーダーメイドでききますのでご相談ください。 寝ござとしても使え、藺草カーペットの良さは実感できると思います。
日本古来の規格寸法というものがありますので、参考にしてください。
ただ現代住宅においては、団地サイズなど狭い場合があります。 やはり上敷はセンターラグやアクセントラグとは違い、部屋の四隅にしっかり敷ける方が見栄えはより良いものになります。
健康指向が重視されてきていますので、昔ながらの国産い草製品は見直されてきています。



江戸間・58間サイズで品質の違う他の上敷です
3畳(58間)(藺草上敷き畳)双目織り
3畳(58間)(藺草上敷き畳)双目織り
3畳(江戸間)(藺草上敷き畳)双目織り
3畳(江戸間)(藺草上敷き畳)双目織り
3畳(58間)(藺草上敷き畳)双目織り
3畳(58間)(藺草上敷き畳)双目織り
3畳(58間)(藺草上敷き畳)引目織り
3畳(58間)(藺草上敷き畳)引目織り
縁(ヘリ)No.1 縁(ヘリ)No.2 縁(ヘリ)No.3 縁(ヘリ)No.4


参考までに畳サイズ一覧表をご覧ください。
団地間は代表的な寸法ですが、現在では一戸ごと全て違うと考えていた方が正しいと思います。
江戸間・58間は日本でもっとも多く使われている間取りです。
36間は別名「中京間」とも言われる寸法です。使われてる地域が限定されています。
本間は京間に近い寸法になります。これも使われている地域が限定されています。
現在の日本では団地間より大きく江戸間より小さい和室寸法が一番多いようです。
畳サイズ一覧表

上敷オーダーメイド

特注上敷きについて




い草上敷は和室で使う天然素材のカーペットです。
一般的な大きさは1畳、2畳、3畳、4.5畳、6畳、8畳、10畳。
江戸間・五八間・本間・三六間・(京間・中京間)などは昔から規格寸法があります。
団地間については参考寸法なのでそれぞれ棟により違うはず。
12畳、14畳、16畳、18畳、20畳などの大きな茣蓙も作れます。
特殊な寸法で作る場合のオーダーメイドにも対応しています。
ゴザのへりだけでも販売していますので、修理・修繕・補修をする時にはお使いください。
畳の上に敷くには最適な上敷は何種類かの品質に分けて紹介をしています。
上敷敷物の滑り止めとして鋲がありますが、おまかせ工房では無料で付属しています。

特注ページ、基準寸法ページなど個別に分けて紹介しています。

【即納】 おまかせ工房 10段階で9ランクの品質 受注製作だから香りも豊か い草カーペット い草ラグ 引目織り 五八間3畳 江戸間3畳 上敷き ござ3畳 五八間3帖 江戸間3帖-畳